10月20日 松戸駅西口 盲導犬チャリティーコンサートに出演しました。

今年のセレージャの最終イベント、盲導犬を普及させる会が、10月20日(日曜日)松戸駅西口デッキで行われました。

我らがメンバー もりりん(森 俊士)が主催する盲導犬チャリティーイベント。
雨が心配されましたが、「この日だけは降らないで〜」という、メンバーの切なる願いが届き、薄陽もさすほどのお天気になりました。
オープニングからハイーニャ登場!️いっきに盛り上がりました!

今回は、セレージャの過去のエンヘード3曲も披露。日本語なので見にきてくださった方々や街行く人々にも伝わりやすかったかもしれません。

ショカーリョのジングルとタンボリンの小刻みで軽快なリズム。足を止めて応援をしてくださる方、手拍子をしてくださる方、バテリアのグルーブとダンサーの鮮やかな衣装はそれだけ人を楽しませ気持ちを引き寄せるものがあるのでしょうね。

そして、何よりも、盲導犬の存在に気持ちを寄せて募金をしてくださった方がたくさんいたこと。少しでも私たちが、お役に立てたのであれば幸いです(^^)
イベントの関係者の皆さんの温かい気配りと対応に感謝しています。この会が更に普及すると良いですね。

今年の大きなイベントは、これで最後となりますが、まだまだセレパゴもあります。
皆さん、セレパゴにも足を運んでくださいね!

(レポート ヒトベッチ/木村クニハル)

この記事を書いた人

セレージャ公式