2001年1月、千葉県松戸市五香にある、「13湯麺」というラーメン屋から発足しました。ブラジルのお酒でカシャーサ、通称”ピンガ”という焼酎があり、カイピリーニャ(田舎娘)と呼ばれる代表的なカクテルがあります。
作り方は、グラスにレモンとライムをぶつ切りにして入れ、ピンガ棒で押しつぶし、そこにクラッシュアイスを山盛り入れて、ピンガを好きなだけ注ぎお好みで三温糖を入れ、良くかき混ぜて出来上がり。飲む時は「サウージ」(乾杯という意味)と言って飲みます。最初は強い口当りですが、氷が溶けちょうど良くなって、三杯も飲んだ頃には「いいカンジ」になっています。

「ピンガでヘベレケ」(藤井康一作詞・作曲)という曲が「リトルジャイブボーイズ」(LJB)によって作られて、そのライブの時”ピンガ”を飲んで盛り上がっていました。このピンガをこよなく愛する仲間で、「酒ばかり飲んでいてもしょうがないから、何かやろうよ」ということから「サンバ!」に結びつき、その有志がお金を出し合い、知り合いにお願いしてブラジルから楽器一式を直輸入したLJBの紹介で、プロダンサー平田さんに指導をお願いすることになりました。最初「お弁当屋さんの工場」で、月に2回の練習から始まって、現在は「森のホール」で月に3回行なっています。

チーム名の「フロール・ヂ・マツド・セレージャ」とは、「さくらの花びら」と言う意味です。五香から常盤平・八柱にかけて全長3キロ程で、樹齢40年以上千本近くの桜並木があり、春の「さくら祭り」には70万人もの花見客が訪れ、その時に「サンバパレードをしよう」という気持ちが込められています。

セレージャの歴史
  • 2001年1月 松戸市にて設立
  • 2003年8月 浅草サンバカーニバルS-2リーグに参加
  • 2010年8月 浅草サンバカーニバルS-1リーグに昇格
  • 2012年1月 「第1回 松戸サンバカーニバル」開催
  • 2015年3月 「第2回 松戸サンバカーニバル」開催
  • 2016年1月 「第3回 フロールde松戸セレージャショー」開催
  • 2017年10月 「第4回 松戸サンバカーニバル」開催
  • 2018年4月 代表の経営するラーメン店「13湯麺」が30周年を迎える
  • 2019年3月 「第5回 セレージャSHOW」開催

ごあいさつ

ようこそセレージャへ。
 私達のサンバチーム「セレージャ」は千葉県松戸市で2001年に設立しました。
 私が経営するラーメン屋のお客さんと始めた小さなチームは次第にメンバーが増え、浅草サンバカーニバルには100人以上が出演するチームにまで成長しました。
 今年のスローガンは「チャレンジ チャレンジ」!今年はこれでいきます。なんでも思いついたことは、なんでもいいからみんな一緒にチャレンジ チャレンジします。
 興味が沸いたらセレージャでサンバしませんか?最初はみんな初心者です、私達と一緒に素敵な思い出作りませんか?

フロール・ヂ・マツド・セレージャ
プレヂデンチ

プロフィール
明星食品の社員として活躍後、退職・独立。1998年に千葉県松戸市に「13湯麺」オープン。ラーメン店主を育成する「ラーメン寺子屋プロジェクト」で多くの後進を育成し、千葉のラーメン界の振興に尽力。2010年に現在の場所に店舗を移転。ラーメン店経営の傍ら、趣味のサンバに打ち込む。松戸市を拠点とするサンバチーム「フロール・ヂ・マツド・セレージャ」現代表