8月3日 真夏のちくらサンバフェスティバル 2019

 松戸から南へ130km! 今年も一同は千葉県南房総市の千倉へ、真夏のちくらサンバフェスティバル 2019に出演してきました。

「新しいキメをいれたい!」前日の練習からこのイベントに向けるメストレ(打楽器総指揮者)ミィ〜の気持ちとバテリア(打楽器奏者)の意気込みはいつになく特別なもので、行きのバスの中でもみんなで真剣に音の確認をしていました。

 潮の香り漂う千倉に到着! リハーサルから全員で全力で臨むセレージャ。 この緊張感、ピリピリ感たまりませんね。 本番に期待!

 この日は各地で38度を記録する猛暑日になりましたが、開演前には大勢の人が集まっていました。ダンサーの入場とともにリズミカルなバテリアの演奏とみんなの手拍子、そして周りの人たちが笑顔になっていく瞬間が好き。 ダンサーとバテリアが客席を練り歩きながらステージに到着するとこれからがステージショー。 ブラジルで普通に流れている曲や、サンバカーニバルでのエンヘードに合わせてダンサーが素敵なパフォーマンスを披露。そして今年のセレージャの浅草サンバカーニバルのテーマ、「姿消す野生生物」の演奏は、メンバーひとりひとりの思いが音や動きに表れて、やってる自分が感動してしまえるようなステージでした。

 そして最後は、 リトルジャイブボーイズさんとの共演。 ステージも客席もすべてが一つになって歌い、踊り、笑顔で言葉を交わせる。そんな素敵な空間になっているのが印象的でした。

また来年、ちくらサンバフェスティバルでお会いできるのをメンバー一同楽しみにしております。

この記事を書いた人

しらー

1976.7.8生 7弦ギターを弾いてる人です。
バーデンパウエルが好きです。小さい頃から地元のサンバチームでリズム感を養っていた彼をリスペクトして
わたくし自身も地元のサンバチームへ。それがセレージャとの出会いです。